ちょっとした思考の転換が大切。

投稿者: | 21/10/2019

私の友人のダイエット体験談を書かせていただきます。

友人は1年間で30キロの減量に成功しました。

その成功方法のキーポイントは「非利き手食事法」です。

非利き手で食べる事で不慣れな分時間がかかってしまう為、飲み込むように急いで食べようとしても出来なくなり、次の食べ物を口に運ぶまでにたくさんの咀嚼しているので、次第に満腹中枢が満たされて食事全体の量が減るとのことです。

私も何度か試しましたが、まさにその通りでした。

更に私はこの非利き手の食事法に加えて野菜→肉、魚→白米の順に食べる事も実施しました。

野菜から先に食べる事で消化が良くなったり、腸の中で余分な油を吸収しなかったり、炭水化物の吸収を抑えてくれるので太りにくくなります。

また、それに加えて便通も良くなりました。

初めから全て非利き手でやろうとしたらストレスになりますし、野菜から順に食べていて暖かいものが冷めてしまうのも悲しいので、たまにしてみるか暖かいものは先に利き手で食べてしまうなどアレンジをして自分に合った方法を見つけていただけると、無理なく習慣化していくと思います。

また、食事量や食事自体の質を変えたくないと考えている人にはうってつけのメソッドだと思います。