ダイエット体験談!食事制限+αで【53kg】→【45kg】へ

投稿者: | 12/02/2020

私には太っていた時期がありました。

今まで生きてきた人生のうち、高校時代と社会人3年目の2回です。

その時の私の記録です↓

ユーグレナから生まれた麹酵素の私の口コミ!効果なしで痩せないは嘘?

   【154cm】 【53kg】

高校の時に久しぶりに体重計に乗ってびっくりしました。

漫画なら顔に縦線がたくさん入って青ざめていたことでしょう。

社会人の時も同様に、現実を見ようと体重計に乗ってみたら高校時代と同じ結果でした…。

ここから反省してダイエットを決行!

まず、ダイエットを始めるにあたり、原因を考えてみました。

【原因】

・中学ではガッツリの運動部。高校では帰宅部だったのに食生活は変わらなかった。

・自分が1日にどのくらいのカロリーを摂取しているか分かっていない。

・お菓子大好き。社会人のストレスはお菓子で発散。

・朝より夜にかけての方が食事量が多く、内容も重くなっていった。

・進んで運動はしていない。

原因を考えて納得、太るわけですよね。

高校時代は初ダイエットだったので、とにかく流行りのダイエット法やテレビでやっていたダイエット法を試していきました。

・朝バナナダイエット → 今までの食生活から急に減らしたのでさっさとお腹が空きすぎてツラかった。

・まいたけダイエット → キノコは好きなので喜んで母と食べていたが、当時料理のレパートリーが少なく毎日続けるには飽きる。

・暗くなってから近所を往復で軽く走りこむ → 田舎のためジョギングしている人がおらず、近所に住む親戚に怪しまれた。

ダイエットをいろいろ試してみましたが、あまり効果がなく、長期で続けるには私には合っていないようでした。

何より、原因を無視していました。これでは意味がない、と反省します。

ダイエットを始めれば痩せるものだと思っていましたが、続けることが大変だと思い知り、考え直しました。

そしてその後の高校時代と、社会人になってから実践したダイエットが【食事制限】がメインの以下になります。

【ダイエットルール】

・食事の量は 朝>昼>夜 と、夜にかけて減らしていく。

・お米や麺類などの炭水化物は朝か昼のどちらかのみにする。お腹が減るならヘルシーなおかずを増やす。

・カロリーを管理できる手帳やアプリを活用して、摂取しているカロリーを把握する。

・夜は食べてから4時間以上空けてから寝る。または、少ない量食べて、お腹が空く前にさっさと寝る。

・お菓子が食べたくなったら、ミニパックのものや、板チョコの一かけらをたまにつまむのはOK。

・ストレスをためない!人生楽しむ!

・夢中になれる趣味を見つけて、それにのめり込む。

・運動は無理にしない。気が向いたら歩くか、ストレッチをする。

以上を実施しながら、毎日体重計に乗って記録をとっていました。

そしてゆっくりゆっくり痩せていき、停滞期も通り過ぎて【45kg】まで減りました!

体重が減っていくのがだんだん楽しくなっていき、ゲーム感覚になりましたね。

目標の到達したので、大きく食生活を戻すことなく、この体重を維持しています。

このダイエットで一番効果的だったことが、食事制限もそうですが、ストレスをためない、趣味を楽しむところでした。

社会人で太ったのはリバウンドではなく、完全にストレスでしたから…。

夢中になれるものがあると、おやつを食べる時間も、たくさん食事をとる時間も無意識に削減できていました。

今後も無理せず、この調子で維持していこうと思います。