白髪なんていりません

投稿者: | 08/12/2019

白髪について考えるようになったのは、30代後半の10年くらい前からだったと思います。艶黒美人は市販の販売店

もともと真っ黒な髪質ではなかったし、ショートカットと、セミ辺りの長さを行ったり来たりしていたので、あまり実感が無かっただけなのかもしれませんが、本当に突然、『あれ?白髪目立つんじゃない?いつのまに!?』と感じるようになりました。

その時、とても淋しいような、焦るような気持ちになった事を、よく覚えています。

その後、美容院では高いので、セルフで白髪染めに何度か挑みましたが、猫っ毛の髪が毎回バリバリに痛むのが辛くて辛くて…、ネットで調べたり、雑誌を調べたり、人に聞いたりと、いろいろと情報収集をしました。

今現在も、やっぱり、綺麗に染めるのは、美容院へ行かなくちゃ駄目なのかなぁと、何度も思いつつ、髪をショートにして誤魔化す日々を過ごしています。

あと、少し面倒ではありますが、週一くらいの白髪染め用のトリートメントも始めてみました。

白髪染め用のトリートメント、一昔前?は、有名どころが一つ二つしかなかったように覚えているんですが、今は何種類も有るんですね。

結果は、それぞれかとは思いますが、トリートメント機能も勿論あるので、使った後の感触がツルツルで、かなり快適な物もあり、選ぶのも楽しい時代になったんだなぁと、感じました。

とは言え、白髪が無くなれば、一番有難いのになぁと、どうしても、やっぱり考えてしまいます。