スレンダーと評価されいてたものの…

投稿者: | 23/12/2019

女性の永遠の悩み、バスト。

鈴木奈々愛用!ルーナナチュラルアップナイトブラの口コミが衝撃的?効果を出すための3つのポイントとは?

私の場合は平たい…膨らみのないお皿のような小さなバストです。

子どもの頃から超痩せ型の私は、周りから身長の高さ、脚の長さ、その細さからスレンダー、綺麗と評価されることが多かったです。学生生活の中で身体検査で一喜一憂する女子たちを前に、『痩せていること、スリムであることが正義』であることが自分の中で埋め込まれていたのだと思います。

ただ、大人になり、女性である自分を意識して、裸の自分を見て軽く絶望しました。

浮いたあばら骨の上にお椀にも満たない平たいお皿のような胸、腰回りも骨が浮き出ていて女性的な魅力は皆無でした。

服を着ていればスレンダーと評されますが、その中身は骸骨そのもの。

そもそも私は痩せやすいタイプで、どれだけ食べてもあまり肉はつきにくいです。おまけに一人暮らしで仕事は不規則なために1日2食のイメージでお腹が鳴ってもあまり気にならない方なために、自然と痩せていく方に傾倒しやすい…。もちろん食事は好きですし、休みの日は普通に3食、おやつにポテチにクッキーにチョコレートに…カロリーオーバーなくらいなのですが仕事が始まればまたほぼ食べない日々。

女性の魅力はバストにあると思っています。ふんわりとした膨らんだお胸はまさに女性の象徴。平たいお皿の私からすれば、胸が離れていようが垂れていようが左右左があろうが色がどうであっても、そこに膨らみがあることが何より羨ましい。

今はどんなに忙しくても食事はとるように意識してます。

決まった時間に食事を取るのが難しいサービス業務の職場ですが、とりあえずは3食。できれば自炊や身体に優しい食事を。でも食事の用意に時間が取れない時は無理をせずコンビニ弁当でもいいからとりあえず3食を確保することが目標にしています。

これが当たり前の食生活…と言われればそうなのですが、忙しさや食べない美徳に囚われていた私はこれくらいのハードルの低さから、まずは自分の食生活を少しずつ整えて食事するところから始めたいと思っています。